FEATURE

MEP南青山の充実した内視鏡検査

MEP南青山では充実した先進機器を導入しており、早期がんやポリープ、潰瘍などをより正確に診断し治療が受けられるよう、精度の高い内視鏡検査を実施いたします。
検査を担当する医師は日本消化器内視鏡学会認定の専門医・指導医です。
大学病院の第一線で活躍する医師たちとチームを組み、安心・安全な検査を実施いたします。
必要に応じて組織検査(有料)も可能です。

MEP南青山の内視鏡検査が選ばれる理由

経鼻または経口胃内視鏡検査をお選びいただけます

口からスコープを入れる経口胃内視鏡検査(口からの胃カメラ)と、患者様の負担が少ない経鼻胃内視鏡検査(鼻からの胃カメラ)の両方を採用しております。
検査の前には消化器内視鏡技師認定の資格を持った看護師より十分な説明を行い、ご希望をお伺いいたします。みなさまにリラックスして検査を受けていただけるよう、心がけております。

鎮静剤をお使いいただけます

経口胃内視鏡検査(口からの胃カメラ)は、喉を通った後の反射が辛かったという経験のある方もいらっしゃると思います。また、大腸内視鏡検査の際に痛みが辛かった、という経験をされた方も多いと思います。そのような方にも快適に検査を受けていただけるように、当院では検査時に鎮静剤をお使いいただくことが可能です。
薬によって副作用が出る場合がありますが、検査後は回復するまでリカバリールームにてゆっくりお休みいただくことができます。

胃・大腸内視鏡検査(胃・大腸カメラ)の同日実施が可能です

お仕事でお忙しい方やお子様がいらっしゃる方など、なかなか受診に時間を取れない場合もあるかと思います。
当施設では、胃・大腸内視鏡検査を同日に日帰りで実施可能ですので、何度も検査のために足を運んでいただく必要がありません。

女性の日本消化器内視鏡学会専門医・指導医が検査いたします

女性の中には、「恥ずかしいから」という理由で大腸内視鏡検査に抵抗のある方がたくさんいらっしゃると思います。
ひとりでも多くの女性に大腸内視鏡検査を受けていただくため、当施設では、女性医師が検査を担当しております。
胃部内視鏡検査も、女性医師をご指名頂くことが可能です。

看護師は全員、消化器内視鏡検査技師認定資格を有しています

日々進化する内視鏡検査・治療に対応するため、当施設のスタッフは消化器内視鏡技師学会をはじめ、様々な研修会に参加し、知識・技術の習得に努めております。
また、看護師は全員、消化器内視鏡技師認定の資格を有しています。

ページトップへ