FEATURE

MEP南青山の充実した内視鏡検査

当施設は充実した先進機器を導入しており、早期がんやポリープ、潰瘍などをより正確に診断し治療が受けられるよう、精度の高い内視鏡検査を実施いたします。必要に応じて組織検査(有料)も可能です。またご希望に応じて苦痛を軽減する鎮静剤を使用し、検査後は回復するまでリカバリールームにてゆっくりお休みいただけます。
検査の前には消化器内視鏡技師認定の資格を持った看護師より十分な説明を行い、リラックスして検査を受けていただけるよう、心がけております。検査を担当する医師は日本消化器内視鏡学会認定の専門医・指導医でございます。大学病院の第一線で活躍する医師たちとチームを組み、安心・安全な検査を実施いたします。

MEP南青山の内視鏡検査が選ばれる理由

安全かつ楽に検査を行うために
経鼻胃内視鏡検査または鎮静剤を用いた経口胃内視鏡検査が可能です

口からスコープを入れる経口胃内視鏡検査(口からの胃カメラ)は、舌の付け根にある舌根という部分に内視鏡が触れることで、異物を吐き出そうとする咽頭反応が起こり、吐き気をもよおすことがあります。
当施設では患者様の負担が少ない経鼻胃内視鏡検査(鼻からの胃カメラ)も採用しています。また、出来る限り負担を軽減したいとのご要望には、鎮静剤を用いた経口胃内視鏡検査も可能となっております。苦痛の少ない検査方法ですが、薬の副作用に注意が必要です。

女性の日本消化器内視鏡学会専門医(指導医)
が検査いたします

大腸内視鏡検査に抵抗のある女性の中には、「恥ずかしいから」という理由をあげる方がたくさんいます。大腸内視鏡検査は肛門から内視鏡を挿入して大腸内を観察する検査ですから、特に検査担当医が男性医師の場合に、強く抵抗を感じることは否めません。
一人でも多くの女性に大腸内視鏡検査を受けていただくため、当施設では、女性医師を担当医に指名し、女性医師による内視鏡検査を受けることができます。もちろん女性医師を指名頂いた場合も日本消化器内視鏡学会専門医による高度な検査が受けられます。

胃内視鏡検査と
同日に大腸内視鏡検査が受診できます

お仕事をされている方や小さなお子様がいる方など、なかなか来院の時間が取れない方もいらっしゃると思います。当院では、胃・大腸内視鏡検査を同じ日に実施可能ですので、何度も検査のために当院に足を運んで頂く必要がありません。

看護師は全員、
消化器内視鏡検査技師認定の資格を有しています

日々進化する内視鏡検査・治療に対応するため、消化器内視鏡技師学会をはじめ、様々な研修会に参加し、知識・技術の習得に努めており、当施設の看護師は全員、消化器内視鏡技師認定の資格を有しています。

ページトップへ